スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関数らいぶらり

まだ二つしか入ってませんがCLEO用関数ライブラリを公開しました。
MOD置き場からどうぞ。

これを使えば色んな計算が2~3行で済みます。
使い方は細かく書いたつもりですが
エラーが出たり分からない所があったら遠慮なく言ってくださいね。

現バージョンには単位ベクトルの生成とアークタンジェントの関数が入ってます。
次は何を入れましょうか・・・

comment

Secret

No title

////////////slow_calc////////
050A: 19@ = distance_between_XYZ 23@ 24@ 25@ and_XYZ 20@ 21@ 22@
0063: 20@ -= 23@ // (float)make_vector
0063: 21@ -= 24@ // (float)make_vector
0063: 22@ -= 25@ // (float)make_vector
0073: 20@ /= 19@ // (float)seikika
0073: 21@ /= 19@ // (float)seikika
0073: 22@ /= 19@ // (float)seikika
////////////slow_calc////////

///////////fast_calc///////////
0AA7: call_function 0x75A1A4 num_params 1 pop 1 0 30@
0A9F: 31@ = current_thread_pointer
0AA5: call_function 30@ num_params 8 pop 8 23@ 24@ 25@ 20@ 21@ 22@ 31@ 20
///////////fast_calc///////////

14,383,616 バイト(US版)で単位ベクトル生成動きました。
速いかどうかは分かりませんが。

個人的には、
050A: 19@ = distance_between_XYZ 23@ 24@ 25@ and_XYZ 20@ 21@ 22@
これが速いだけで嬉しいです。

あと
06BD: (check) no_obstacles_between 0@ 1@ 2@ and 3@ 4@ 5@ solid 1 car 1 actor 1 object 1 particle 0
みたいなヒットテストに使えるものが速くなるといいです、出来たら。
3D弾幕の実現性が増します、出来たら。

あと
06BDを使った球状のヒットテスト的なものあると良いです。

あと「透視投影」が一発で出来たらいいんじゃないでしょうか。
今のところ必要性は感じませんけど。

それと
3D弾幕作っていたらコロナを1000個使い切るのが容易になってきましたよ?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

aioiさん
レーザーとか作っていたら一本で2,300個行きますからね・・・
また限界増やしたの上げます。

2010-02-18さん
了解しました。
ダメージの与え方とかはそれでいい気がしますが・・・
対象が人だけなら楽ですが車は当たりの判定が難しいですし。
myTwitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。