スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Industrial Craft紹介2

またIndustrialCraftの紹介です。
本家の配布ページをリンクに追加しておきました。
今回は電池で動くアイテムを紹介していきます。
industrialcraftのバージョン6.0以降には
導入にModloaderだけでなく、
SDK氏のModLoaderMPも必要になったようです。
このMODは非常にバージョンアップが早いので、
今後も楽しみなMODですが、
過去のバージョンとの互換性が心配ではあります。
私は5.43から導入を開始して 現在 6.0ですが、
今のところ問題は発生していません。

今回紹介するアイテム
まずは電池を燃料に動く家具3種類です。
左からCompressor,Extractor,Maceratorです。
使い方はかまどと同じで、特定のアイテムを変化させます。
対応している燃料は電池のみです。
javaw 2011-04-17 12-08-18-682
作れるアイテムはMODの配布ページに載っているのでそちらを参照してください。
作成できるアイテムの中でおすすめの物のみいくつか紹介します。

Extractorで
Wood -> Rubber
今までRubberを作るには多くの木材が必要で面倒でしたが、
これで楽に作成できます。cableの作成が容易になり、
電池も沢山作れるようになるでしょう。

Maceratorで
各種鉱石 -> 鉱石の粉? * 2
dust to
おそらく3つの家具で最も便利なのがこれでしょう。
精錬前の鉱石1つから粉2つを作ることができます。
そして粉をかまどで精錬すると精錬した鉱石になります。
つまり一手間かかりますが、手に入る鉱石が倍になるということになります。
粉を作れる鉱石は、鉄、金、銅、スズです。
SSでは金の粉を生成しています。

Machineを素材に作るGeneratorやこれらの家具はピッケルでも壊せますが、
壊すとMachineに戻ってしまいます。
再び配置する時にはまた家具を作成しないといけません。
kagu 2

その問題を解決するのがレンチ(Wrenchs)です。
電池家具
これで右クリックするとこれらの家具をそのまま撤去できます。
ぜひ作りましょう。

最後にドリル(Mining Drill)の紹介です。
新規鉱石の銅やスズは非常に硬く、
ダイヤのピッケルでも掘るのは大変です。
ドリルはこれらの鉱石を非常に速く掘れる
非常に強力なピッケル系アイテムです。
レッドストーンや黒曜石すらも楽に掘れます。
ドリルは耐久ゲージがエネルギー残量になっており、
0になっても壊れません。しかし能力は素手並になります。
0になったら電池で充電することで再び能力が戻ります。
充電するには携帯充電器(Mobile Charger)が必要です。
dust
これは装備して右クリックすることで画面を開き、
かまどと同じように電池でドリルを充電することができます。

ドリルはダイヤと組み合わせてダイヤドリルにすることができます。
これはダイヤのピッケル+スコップをより強化した能力を持ち、
更に壊れない最強の掘削用具となります。
特に鉱石採掘にはすばらしい力を発揮します。
反則臭い性能ですがエネルギーが非常に減りやすく燃費が悪いので、
電池にアイテムスペースを食われるのが欠点といえます。
よって長期的なダンジョン探索でメインに使っていくのには、
向かないでしょう。
私は探索では硬い鉱石を掘るときのみ使い、普段はダイヤのピッケルを使っています。

ドリルのような工具アイテムには他に斧の強化版のChainsawがあります。
性質は斧と同じで使い方がドリルと変わりません。

今回はスペースを節約するためアイテムのレシピは省略しました。
レシピは本家の配布ページに載っているので、
紹介したアイテムの英語名で検索するといいです。

それでは。

comment

Secret

No title

SAの更新なくなったと思ったら、まさかマイクラで再び会えるとはw
私はMW2で知り合った人たちとマルチで遊んでいるのですがPCつけっぱなしで放置してたら、タイムアウトとかいってよく鯖が落ちてます・・・
鯖を常時起動しておける管理の方法とかあったら教えてほしいです!

No title

nonameさん
私は常時サーバーを立てずに夜家にいるときだけ立てているので、
そういったことについては申し訳ないですがよく分かりません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
myTwitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。