スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ・ゴルゴ13 15話・16話

期末で忙しかったので一気に書きます。

15話「海に向かうエバ」
超一流の女殺し屋エバ。
かつてゴルゴに豪華客船で出会い、
自分と同じ匂いがすると強く惹かれる。
しかし、2度目の再会の時、エバはゴルゴのターゲットだった。
ゴルゴの「再会したのは偶然じゃない」という言葉で
自分が標的なのだと悟り、休暇をとり、故郷に帰る。
海に向かった彼女を待っていたのは彼ではなく、
彼の放った銃弾だった。

殺し屋の恋って所ですかね。
潔く事実を受け入れたのがそれらしいというか。


16話「死臭の聖者」
ゴルゴへの依頼は武装組織を有するカルト教団の教祖の抹殺。
インチキの奇跡を見せ、人を集める。よくあるやつだ。
教祖は死霊を蘇らせる者がいると信じ、死体を保管していた。
教団の追っ手を欺くために死体を沈めたタールに隠れるゴルゴ。
そこに教祖が来た時、ゴルゴは姿を現した。
教祖は死霊が蘇ったと思ったが、
現れたのは死霊ではなく死神であった。

仮面を常に着けていた教祖ミハイルの顔は醜いものでしたが、
それについては謎のままでした。
ミハイルの死霊への思いも同じ。
やはり1話完結となると話選びがキモですね。 

comment

Secret

myTwitter
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。